【楽食べ】高尾山近くのごん助で定期的に肉をかじる

朝の貴重なお時間にご訪問いただき、誠にありがとうございます。楽食楽生クリエイターのちえです。

肉を食べるといったら焼き肉ですが、肉をかじるといったら『ごん助』さんです。お肉にかじりつきたい方にはぜひ行っていただきたいと思います。

スポンサーリンク

ごん助ディナー

大広間・母屋の個室・離れの個室があります。旅館に行った気分になれるので、おすすめは離れの個室です。

村人(店員)による案内はないため、受付で渡された地図を見て部屋まで歩いていきます。

河童の池にはコイとアヒルちゃんがいて、人が近付くとおなかを空かせたアヒルちゃんが「グワッグワッ」と寄ってきます。

コイの餌が売られているので、部屋に行く前に少しだけ遊んでいってみてください。奥の3羽は水に入るのが嫌でためらっているという図です。

庭は探検するのが楽しい広さです。

部屋の中を撮り忘れましたが、部屋に入るといろりがどーんとあります。

あちらこちらにごん助さんがいらっしゃいます。

炭焼き小屋もパシャっと。

この日は冬限定のジビエコースをオーダーしました。

前菜の季節の小鉢三品です。写っていませんが、茶わん蒸しもあります。

お皿の上に乗せてある小鉢は金かんの白和えです。金かんの甘露煮の上に裏ごしした豆腐が添えられています(美味!)。

お肉が美味しいのはもちろんですが、手作りソーセージも美味しいのです。

肉は牛フィレ・鹿ロース・猪ロース・鴨ロース・ホロホロ鶏の5種類。

こんな感じで好きなように焼いていきます。

ごん助もちもとても美味しいですよ!甘いみそダレでいただきます。

お食事は麦とろご飯と温かいきの子うどんが選べます。

ごん助さんのみそ汁はいろり鍋で人数分を持ってきてくださり、いろりで温めてからいただくスタイルだったのですが……。新型コロナの影響でしょうか?個別での提供でした。

みそ汁ととろろが美味しいのでいつもこちらを選んでしまいますが、手打ちのうどんもコシがあって非常に美味しいです。家族やカップルなら別々に頼んで両方を味わうことをおすすめします。

お口直しはおやき。いろりであぶってからいただきます。

美味しいのですが、熱々なので食べるのに一苦労します。舌をやけどしないようにお気を付けください。

※季節によって変わるかもしれません。

夜になると火が灯されていて雰囲気が一段と良くなります。

写真を撮る前に食べてしまったのですが、ダチョウの刺し身とこんにゃくもオーダーしました。アラカルトメニューもたくさんあります(2時間飲み放題付きの宴会コースメニューもあり)。

スポンサーリンク

ごん助のお店情報

車で行くのが一番ですが、最寄りの京王線高尾山口駅なら送迎バスをお願いできます(予約時に伝えること)。詳細は公式サイトでご確認ください。

メニューは肉だけではなく、海の幸のコース・川魚のコース・小食の方向けコース・お子さま向けコースなど多彩です。コースは事前に予約しておくとスムーズに食事が始められます。ランチの予約も可能です。

営業時間は11時〜22時です(緊急事態宣言中は20時まで)。公式サイトから予約をすると、村長からメールの返信が来ます。

近くに雰囲気の良い『うかい鳥山』さんもありますが、かしこまらずにお肉をかじりたい&珍しいお肉も食べたいなら『ごん助』さんがおすすめです。

食べログいろりの里 高尾山名主 ごん助(口コミはこちらでチェック)
Instagram@takao.gonsuke

いろり焼きろばた焼き肉料理ジビエ川魚料理個室あり宴会OKデート友人と子供連れOK2時間以上の滞在OK

スポンサーリンク